海外旅行では現金よりクレジットカード払いが鉄則なのはナゼ?

海外旅行では現金よりクレジットカード払いが鉄則なのはナゼ?

Creditcard-Cash

よく海外旅行に行くなら現地での支払い方法は現金ではなくクレジットカードにしましょう!と言われますが一体なぜなのでしょうか。その理由はクレジットカードでの支払いの方がメリットが大きいからです。しかし海外旅行と一言でいっても行先は人によって様々です。観光、仕事目的、どんな人の海外旅行でもクレジットカードの方がいいのでしょうか。クレジットカードを使うメリットと注意点についてまとめてみます。

旅先で現金ではなくクレジットカードで支払うメリット

  1. 現金を持ち歩かずに済む
  2. 旅先でのトラブルに保険を適用できる
  3. 旅先での信用度UP

 

 

1.現金を持ち歩かずに済む

多額の現金を持ち歩かないことでどんなメリットがあるかわかりますか?身軽になるだけでなく、スリ等の被害を防ぐ効果があるのです。特に国によってはまだまだ日本人=金持ちというイメージがあるため、観光地や両替所などでターゲットにされやすいのです。

また現金の場合、支払いの際に現地の言葉で金額を聞き取り、現地のお金を取り出して支払う必要があります。それらをスムーズに行うためにはある程度のヒアリング力とそこの通貨に精通していることが求められます。慣れていない言葉と通貨ゆえにもたついてしまいがちです。現地の人からするとこうした支払いの際に財布からチラッと見えるお札でもすぐに大金を持っていることが分かってしまいます。

しかし支払い方法をクレジットカードにするだけでそうした心配からすべて解放されます。クレジットカードを提示してサインをして終わりです。なによりスマートです。もちろんクレジットカードも盗難の対象になり得ますが、クレジットカードなら万が一盗難にあったとしても現金と違い保障が付くという利点があります。

 

2.旅先でのトラブルに保険を利用できる

多くのクレジットカードには海外旅行傷害保険というサービスが付帯されています。大小問わず旅行には予期せぬトラブルが付きものです。日本国内ではそんなに大事にはならなくても、場所が海外となると状況は一変します。小さな怪我のケアだとしても対応には注意が必要です。クレジットカードの種類によっては病院やその他必要な手配まで日本語でサポートしてくれるところもあります。

クレジットカードを利用せず、現金のみで対処しようとするならまず海外旅行の保険に加入しなければなりません。その場合、1,2週間の海外旅行だとしても数千〜数万円の保険料が必要になります。しかしクレジットカード付帯の保険であれば年会費も無料のところもあれば、少額(1万円以下)の年会費で済むにも関わらず、十分な補償が付いている場合が多いです。

 

3.旅先での信用度UP

実はクレジットカードを所持しているだけで初めて訪れるその地でしっかりと信用を得ることができます。支払い方法としての手段というだけでなく、クレジットカードを所持していると社会的に認められている人という証明になるからです。いわば身分証明書のような働きをしてくれるのです。ホテルの予約やレンタカーの利用時にクレジットカードの提示が求められるのはそのためです。(クレジットカードを持っていなかったため予約がとれないという場合すらあります)さらにカードのランクによっては様々なシーンで特別待遇を受けることもあります。

 

現金が必要なときは?

バスやタクシー等の交通機関を利用する時や小さな店での買い物でカード払いが出来ない等、現金が必要な場合も少なからずあります。そのため、ある程度の金額は現金払い用として所持する必要があります。

行先によってその土地の物価に差がありますが、私の場合は大抵日本円で一万円程度を現地通貨で所持するようにしています。

ではなぜ一万円がいいのか。行先が先進国であれば、物価はそれなりに高いと予想されます。しかし先進国であればたとえばレストランで食事をした時のチップであってもクレジットカードの支払いに含めることができます。そのためその他の現金での出費の場面はかなり少なく、一万円程度で十分に収まります。

行先が途上国だとしてもほとんどの観光客用の店ではクレジットカード払いが可能です。クレジット払いが普及しておらず現金払いの頻度が多いとしてもそれなりに物価が安いのでやっぱり一万円程度で事足りる場合が多いのです。なのでどちらの支払い方法がメインとなっても、クレジットカードと現金少々で安心できます。

また、更に現金が必要な場合、現地のATMでクレジットカードから直接キャッシングとして引き出します。その方が空港や両替屋で両替するよりもレートや手数料の関係でかなり安くつきます。クレジットカードによるATMからの現金引き出しも簡単で、ほとんど英語が出来ない人でも問題無く現地通貨を引き出すことが可能です。

さらに詳しいクレジットカードでのATMキャッシングのやり方はこちら

 

このように海外では現金よりもクレジットカードを使う方が何倍も得をします。しかし、クレジットカードにも危険は付き物。海外旅行でクレジットカードを使用する際の注意点についてもみてみましょう。

 

・クレジットカードは最低2枚

まずは、クレジットカードの数。一枚だけだとなにかと不都合です。盗難や不具合の時に備えて最低でも二枚は持っていたほうが安心です。たとえば途上国では一枚目のクレジットカードは使用不可でも二枚目のクレジットカードでなら使用できるという事も多々あります。明らかに疑わしい場合にはすぐにカード会社に連絡をしましょう。海外での利用を盗難と認識してロックされている場合もあるのでまずは確認をしましょう。カード会社からのロックを防ぐため前もって海外で利用する旨を伝えておくこともできます。

複数のクレジットカードを所持する事には他の利点もあります。複数枚カードを持つことで、先ほど述べた海外旅行傷害保険の補償内容を、複数枚のカード分合わせて数倍にすることもできるのです。

 

・スキミングに注意

海外ではお店の店員であっても油断は禁物です。クレジットカードでの支払い時にカードがから目を離さないようにしましょう。レジの中に持っていき、スキミング等の犯罪に巻き込まれる可能性もあります。暗証番号を入力する時も片方の手で覆いながら入力するなどの注意も必要です。かなり治安が悪くスキミングの危険性が高い国であればカード自体にスキミング防止シートなどの加工をすることによって防ぐこともできますよ。

 

・連絡先を控えておく

クレジットカードでなにかトラブルが発生した時にはすぐにサポートデスクに連絡できるようにしておきましょう。カードの紛失やトラブルでなくても、保険を利用しなければいけない事態になった時は気が動転しがちです。慌てずに対処するためにも、海外サポートデスクの連絡先は予め控えておきましょう。このように事前の対策をすることで海外旅行の安全性を高めることができます。

 

 

どうする?余ってしまった現地の通貨

海外旅行でメインの支払いをクレジットカードにしたとしても、どうしても現地のお金は手元に残りがち。少額だとしてもできれば無駄にせず日本に帰りたいですよね。そんな時におススメなのが空港でのクレジットカードと現金のダブル払いです。皆さん帰りの空港で何かしら購入しませんか?その時に先に現地の通貨全てを出して、残りの足りない金額をクレジット払いにするのです。お土産や飲み物でもなんでもいいのですが、現金の総額を上回りそうな商品を選びましょう。そうすることで一枚も残すことなく使い切ることができます。なかななか気持ちがいいですよ。

 

以上、海外旅行での得する支払い方法と、クレジットカード使用時の注意点でした。

注意点もあるとはいえ、やはり海外旅行にいくなら断然クレジットカードがおススメですね。どんなクレジットカードを選ぶかについてはどんなサービスを期待するかによっても異なってきます。自分のライフスタイルに合ったクレジットカードをぜひ作っておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です